2011年9月22日木曜日

子供向け英語本オーディオブック


外国語圏に住んでいて、家庭言語が日本語の場合、子供の読解力、語彙力にハンデがあるので、人一倍読書に力を入れたほうが良い、という話を過去記事で書きました。

読書は頭と心の栄養分
いくつになっても読み聞かせ

ネイティブの家庭に比べて不足しがちな学習用の語彙力不足を補うために、中学生くらいまで、子供が自力で読めるより少し難しいレベルの本の読み聞かせをしてあげると良い、という話がありました。

そうはいっても、自分の英語力、発音に自信がない、という方は、オーディオブックを是非活用されると良いと思います。英語圏の場合は、オーディオブックが非常に充実しています。形態も、CD、MP3ファイルなど色々ありますので、使い勝手が良いものを選べます。

入手先のアイデアをいくつか。

1)図書館:無料、というところが魅力的です。

2)CDブック、CD付き本:アマゾンでたくさん出ています。アマゾン日本サイトにもたくさん出ていますから、検索してみてください。

3)キンドルなどの電子リーダー:音声朗読機能がついています。ただ、実際に人間が朗読しているわけではなく、コンピューターによる自動朗読ですから、味気ないかもしれません。

4)オーディオブックストア: www.audible.com 実際に人間が朗読した本のコレクション。有料。

5)無料オーディオブック:www.storynory.jp (イギリス英語)
 www.booksshouldbefree.com(ボランテイアによる朗読)

我が家では、普段私の英語発音練習も兼ねて、頑張って私が読んでいるのですが、長時間のドライブ旅行のときには、無料のオーディオブックを大量にダウンロードして聴きながら出かけます。

自分で英語の本を読むことは無理、子供もオーディオブックなんて静かに聴いていない、という方は、近所の高校生をアルバイトで雇って本を読んでもらう、教育ビデオを見せる、など、他にも色々方法はありますので、色々知恵を絞ってみてください。良いアイデアがありましたら、是非お知らせいただけるとうれしいです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿